ハッピーをばらまこう

春休みにログイン!ということで、さいきんの長文書きたい願望を叶えてあげるべくパソコンを開いている次第です。お供は紅茶ラテ。

 

わたしは相変わらず楽しく有岡くんを見つめています。

 

じゃあ今日は「楽しい」ということについて。

有岡くんを好きになってからというもの、私の生活に「楽しい」という感情が溢れていて、それはとても素敵なことだと思うのです。お友達に、「有岡くんを好きになってからずっと楽しい」というような話をしたら、「それはいろんな意味で恵まれているんだね」と言われたことがとても印象に残っています。いろんな意味って、もちろん有岡くんの陽の雰囲気とか、私が好きになったタイミングとか、JUMPを教えてくれるお友達だとか、TwitterでフォローさせてもらっているJUMP担の方々とか、それとあらしの頃からずっと仲良くしてくれているお友達の存在だとか。こんなにいろんなところで恵まれていると思うと、とたんに今のじぶんが客観的に見て羨ましくなりました。変な話だけど、要するに、私は今のじぶんが気に入ってるんだなあっていうこと。作ろうと思って作れるものでもなく、これは偶然とか奇跡とか愛情とか優しさとかいろんなものが重なり合ってできた結果としての「楽しい」だと思うので、この環境を大切に愛おしく思いたいです。

 

なんだかブログが久しぶりすぎて作文みたいになってしまった…。

去年の年末に書いた2014まとめが下書きに残っていて見たら、まずヒルナンデスのことでずらーーーっと書いてて、次に金田一およびウィークエンダ―についてずらーーーっと書いてて、あ~私の2014ってほぼヒルナンデスとウィークエンダ―で語り切れるよね、って思った。私はヒルナンデス出の有岡担というじぶんに誇りを持っている節があって(笑)ウィークエンダーの「君にやっとたどり着いたスウィートアンサー」という歌詞でまさに コレダヨ って思って、ひゅんっと点と点がすばやくつながり、とんっと着地した感じ。擬音ばっかりだけど私の担降りってこういうことだったと思う。常にさらっと大事件が起き続けたあの夏から季節は変わり、もう冬。来週にはsmartのDVDも発売される!!!!!全国へJUMPのDVDを見た時有岡くんが常にかっこよすぎてくらくらしちゃったけど今回もそうなるんだと思う…今のうちから深呼吸しとくね。おやすみなさい。