春の空気を纏いながら

きのうの宣言通り、じゃんぷのFCの振込みしてきた~♡好きなアーティストに有岡大貴、と書きながら、ああいい名前だな。大きい貴族。って思った。ということでわたしとじゃんぷの距離が少し縮まりました。とはいえわたしまだじゃんぷのこと天界の妖精さんだと思ってるから、いつかコンサートに行く日が来るかと思うと緊張で吐きそう。今から深呼吸して準備しとかないと…。未来がとても愛おしい。現実は厳しいけど、じゃんぷちゃんはわたしの世界にいつも優しい。だから好き。いまは、始まった!わたしのたのしい世界!みたいなかんじで脳内お花畑状態。でもアイドルを好きでいるのはお花畑にいたいから、だから本望です。はっぴーでいたい♡はっぴーはっぴー♡

 

夏からずっとたのしくてはっぴーなのは、有岡くんがとっても陽の空気を纏っているからだと思うの。担降りについておともだちと話すこともあるんだけど、わたしはとっても能天気に有岡くんをじたんにしたから、悩んでる人にアドバイスとか、できないかもしれない(笑)きょう有岡くんの名前を書いたの、まるで春の新学期に新しいノートの1ページ目に字を書くようだった。小学生の時ハリーポッターの新刊を本屋から大事に抱えておうちでドキドキしながら開いたときのように。削りたての色鉛筆で色をぬるように。わたしはノートを新しくした。新しいノートに新しいオレンジ色の色鉛筆で有岡くんの名前を書いた。冬なのに、さむいのに、春みたいなきもち!このまえからずっと。たのしいんです。これからもずっとたのしいといい。じゃあ、きょうはこのへんで。これからも息をするように有岡くんのことが好きだと書くね。こんやはべいじゃんだよ~!!!!!たのしみだね~~!!!