恋ならとっくに始まってる

こんばんは☺︎こちらを更新するのはとても久しぶりです。無事に大学を卒業し4/1から社会人です。不安で震えています。だけど今日も元気にアイドルが好きです!有岡くんはもちろんのこと、ずっと好きだった乃木坂46生駒里奈ちゃんに会いに握手会に行ったり、舞台に通ったり、雨の野外ライブに通ったり、橋本奈々未ちゃんの卒コンに行ったり、、気づけば女子ドルの方にもどっぷりハマっていました。そんな私、ななみんの卒コンで乃木坂は一区切りかな〜、これからは茶の間に戻ろうかな〜、と本業ジャニオタに戻ろうと思っていたんです。が。

 

出会っちゃった。

 

モーニング娘。’17工藤遥ちゃん。

f:id:mayoigox:20170329182102j:image

とにかく健やかわいいはるちゃん

 

f:id:mayoigox:20170329182154j:image

ごはんおいしいねはるちゃん

 

f:id:mayoigox:20170329182226p:image

うんうん いっぱい食べるんだよはるちゃん〜♡

 

f:id:mayoigox:20170329182342j:image

美少女はるちゃん〜♡♡

 

f:id:mayoigox:20170329182544j:image

待ってめっちゃ厨二

 

f:id:mayoigox:20170329182637j:image

待ってかっこいい

 

f:id:mayoigox:20170329182702j:image

f:id:mayoigox:20170329182751p:image

リリウムを見た私「.............ファルス.........はるちゃ.......え.....????」

 

 

みたいな感じで工藤遥ちゃんにすごい勢いで惹かれました。時系列ごちゃごちゃだけど。元々ハロオタのお友達や先輩に誘われてちょくちょく現場に行ったり(娘。と°C-uteとJuice=Juice)していたんだけど、特定の推しグループはなく、なんとなくまるっとハロプロの感じが好きだった私が、ついにこのグループのこの子を推す...!と決めた。

 

そのきっかけがこれ。 モーニングみそ汁のMVです。

モーニング娘。'17『モーニングみそ汁』(Morning Musume。'17[Morning Miso Soup])(MV) - YouTube

かわいい女の子たちがキャンプしてキャッキャして並んで朝ごはん食べてる画、最高に幸せすぎない...?見終わったときにもう「私が見たいものをモーニング娘。’17が見せてくれるのでは...?推す。。」と思った。穏やかで幸せそうな画に飢えていたのでめちゃくちゃ見た。そしてTwitterでハロオタさんたちがどうにかしてマルコメさんに課金がしたい!でも味噌は単価が安い...とツイートされているのを見て、さらに興味が湧いた(笑)。(あとカプオタの多さにびっくりした記憶。乃木坂はあんまりいないので)

 

そしてその後公開されたキャンプファイヤーver.のMVがさらに幸せな映像だった。

モーニング娘。’17『モーニングみそ汁』(キャンプファイヤー Ver.) (Morning Musume。'17[Morning Miso Soup Campfire Ver.])(MV) - YouTube

どうやら最初のMVが好評だったのと、メンバーがあまりにも楽しそうだったのとで特別に作ってくれたそう!こちらはメンバーの声入りなので、笑い声はもちろん、はるちゃんのハo´ 。`ル<みそ汁つくって!!の声や、振付に合わせてみんなで言っている「みぎ、ひだり!」「ちょきちょきちょきちょき」という掛け声もばっちり入っています。世界平和。かわいい女の子たちが笑っているだけで世界がちょっとずつ平和になっていく気がする。少なくとも私はとっても平和な気持ちになったし、ああ〜こういうのを私は求めていたんだなあと感動しながら寝ました。

 

それで、このモーニングみそ汁キャンプファイヤーver.が公開された翌日、ラクーアでリリイベがあるというので気づいたら水道橋に向かってました。この日はめちゃくちゃ寒くて凍え死にそうだったし、優先券もすぐ終わっちゃったから何とかして前の人の間から覗いていたんだけど、もう、リハで出てきたときから

 

モーニング娘。’17の子たちがすぐそこにいる...!!歌ってる...!!踊ってる...!!

 

っていう感動がすごかった。何度経験しても、画面越しに見ていた人を自分の目で見るたびに新鮮に驚く。ワァ好きな人たちって本当に生きてるんだァ!!っていう感動。

 

当日ははるちゃんは花粉症がひどいらしく、花粉症対策のゴーグルめがねをつけてて、それもまた「はるちゃんと同じ空気吸ってるんだなあ」と感動した。ごめんこれはきもちわるいね。

 

ミニライブもMCもすごくたのしくて、ずっと立ちっぱで寒かったけど大満足!この日は13期の加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃんにとってのCDデビュー日というおめでたい日でもありました♡その話題がMCで上がったとき、加賀ちゃんが感極まって泣いてしまって...(/ _ ; )それを見た13期教育係はるちゃんが「何泣いてんの〜(笑)」って言っていて、この言い方がすごく優しくてときめいた。工藤先輩かっこいい。あとは同じく加賀ちゃんの男役やりたい!という話から、数々の男役を演じてきたはるちゃんと胸キュン台詞対決をすることになったんだけど、加賀ちゃんは一文でまとめてきたのに対してはるちゃんの口説きがとにかく長い。どこがオチかなはるちゃん???あともうちょっと...頑張れはるちゃん...!!と気づいたらキュンキュンするのではなく、かっこいいことを言おうとするはるちゃんを応援する過保護な親戚みたいな感じになってました。いや〜、ハラハラした!(笑)このとき私の心に母性が芽生えました。かっこつけるはるちゃんかわいい。どうしたって工藤遥ちゃんはかわいいのです。高速わんこそば握手会も参加して、こんな冷たい手でさわってごめんね〜〜と思いながらみんなのお顔を拝んできました(๑˃̵ᴗ˂̵)✌️早すぎて全然お話できなかったけど、はるちゃんの小さくてかわいい顔にいかつい花粉症めがねがのってるアンバランスさが愛おしかったです。加賀ちゃんに「おめでとう!」って言いたかったけど言い切れず、でも頑張って耳を傾けてくれたかえでぃーが優しくて惚れた。

 

 

そして上の方にもちらっと出てきたリリウム。この舞台はね...ヤバイよ...。私の周りのひと、そういえばリリウムの話いっぱいしてたなあ、とにかく一度見たらわかるって言ってたなあ、おっ今U-NEXTで無料で見られるんだ?と軽い気持ちで再生したらしっかりと繭期を拗らせた。

(※3/31まで視聴無料)「演劇女子部ミュージカル「LILIUMリリウム 少女純潔歌劇」」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

 

最初は、ヴァンパイアの少年少女の物語ってそそるわ〜衣装かわいいな〜あやちょ美人〜えっはるちゃんの男役好きすぎてしんどくない?えっ壁ドンしちゃうの?そんでハスキーボイスで「ドキドキした?」とか言っちゃうの?女オタ狙い撃ちじゃん!!!!ってわりと楽しく見ていたんですけど、だんだん雲行きが怪しくなってきたところからこのリリウムという物語のしんどさに気づきました。ネタバレしてもいいかな?もしこれ読んでてリリウム未のひとは気をつけてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

だってファルス(はるちゃんの役)が黒幕だなんて思わないじゃん。ファルスが何千年も生きている不老不死のヴァンプで、寂しくて仲間が欲しくて、少年少女に自分の血を飲ませて年を取らないようにしていたなんて。衝撃。ファルスって本当に自分のことばっかりでやってきたことだけ見れば最低な男の子なんだけど、泣きそうな声で「僕を1人にしないでくれ...僕は...寂しいんだ...」って縋ってるのを見たらもうたまんないです。無理。リリウムは終わり方も救いがなくて、最初はすごく落ち込んだ。これアイドルのやる話なの...?って思った。でも気づいたらまたリリウムを再生しているという...リリウム恐ろしい。ファルスとスノウ(アンジュルム和田彩花ちゃん)がダンスを踊るシーンが超えっち。スノウは全然ファルスの目を見られないのに、ファルスはガンガン目を合わせながら歌う。しかも顔、近すぎ。

 

f:id:mayoigox:20170329220251p:image

 ファルスノウはこれだよ!!しんどいね!!

 

本編でへとへとになったあと始まる舞台裏の映像がこれまたすごい。あんなにつらい舞台なのに裏では女の子たちがキャッキャしてるし、出番前に遊んだりカメラに話しかけたりしてる。マジか。さすがハロプロ、ステージ慣れしてる。あと、リリウム千秋楽の日が「永遠の繭期の終わりの日」として映像が編集されてるんだけど、最後のカーテンコールが終わって脇にはけたあと、工藤遥ちゃんが突然膝から崩れ落ちて泣き始めるんですよ。そりゃこの役やるの大変だよね、だってはるちゃんこのとき14歳なんだもんね、頑張ったね、、、とここでも母性が大爆発した。ファルスを終えた瞬間、工藤遥に戻った瞬間、ふっと力が抜けてほっとしたのかな。公演後もティッシュ持ってずっと泣いていて、もう、工藤遥ちゃん、推します、、、って思いました。ファルスもファルスを生きた工藤遥ちゃんもだいすき。

 

f:id:mayoigox:20170329220854p:image

 ↑ちなみにはるちゃんの左にいるのはこのときハロプロ研修生で後に13期として加入する加賀楓ちゃんです。エモいね(泣)

 

 

こうして順調にモーニング娘。’17及び工藤遥ちゃんにハマっていった私、とうとうちゃんとチケットを取って現場に行きました!!!ひなフェス〜〜🌸🌸🌸!

 

まずはひなフェスの横のホールで開催されている謎の里山ブースに行ってみたら、どこ見てもハロプロの子がいる..........?????売り子してる.......???オタクめっちゃカメラ向けてる.......?????開演まで30分くらいなのにハロプロの子がそこにいる.........?👼🏻👼🏻👼🏻👼🏻ものすごく戸惑った。なにこれ。カルチャーショック。ひなフェス後モーニングみそ汁の列に並んでたら13期の2人とすれ違ったし、ステージ上にハロメンゴロゴロいたし、横のブースで℃-uteが売り子してた。すごい世界でした....。でもハロメンが売り子しているからという理由でお米とか枕とかリュックとかをオタクが買ってるのは経済回してる感あって素晴らしい!「なんかわかんないけど〇〇ちゃんから買った」というツイートを見かけるたびにアイドルってすごいなと思いました(笑)。

 

カルチャーショックを受けつつひなフェスの会場にイン。私が入った回がモーニング娘。’17プレミアム回だったのでモーニングから始まったんだけど、ま〜〜近くて!!!こんな間近でBRAND NEW MORNINGのフォーメーションダンス見れていいんですか...寿命5年くらい縮みそう...と思いながらガン見した。みんなキラキラしててかっこよかった。もちろんかわいかった。リリイベでも見たし握手もしたのに、そこにモーニング娘。’17がいることが新鮮にとってもうれしかった。何回も曲を聴いて、何回もMVを見て、ブログを毎日楽しみにして、そうやっていつも見ていただいすきな子たちがすぐそこでパフォーマンスしてる現実がハッピーすぎて...アイドルオタク歴もう10年くらいになるのにどうしてこんなに生まれたてみたいな感情を持てるんだろうか...新しくアイドルを好きになるたび脳が生まれ変わるバカで良かった。こんなにドキドキワクワクさせてくれるアイドルにまた出会えたことが本当にうれしい〜〜〜〜!!!!!と思った。今も思ってる。

 

工藤遥ちゃんが全力で歌い踊ってるところを見ていたら、当たり前だけどどっからどう見てもあのはるちゃんだ...はるちゃんがいる...だいすきはるちゃん...という気持ちが止まらなかった。そしたらね。LOVEマシーンが始まってね。私小学生のときバリバリモーニング娘。世代だったから生写真とか集めててね。あ〜まさか15年くらいたった今またモーニング娘。のファンになるとはな〜すごいな〜ってのんきに思ってたんですよ。そしたら!!はるちゃんが目の前の花道で止まって、2番の「どこにいたって愛しててほしいわ」ってこっちの方見ながら口ずさんだんですよ。はるちゃんのパートじゃないから口パクで。もうそれ見た瞬間、完全にはるちゃんに堕ちた。だって。どこにいたって愛しててほしいわって。そのときの表情が大人はるちゃんで、もはや遥さんで、見てて本当にドキドキした。とっくのとうにはるちゃんに堕ちたってわかってたのに、私は今!まさに今!はるちゃん推しになりました!!!!って宣言したくなる瞬間だった。今でも思い出すとドキドキする。。17歳の女の子相手にこんなドキドキするとかはるちゃん罪深すぎる。。この日ははるちゃん推し記念日♡と思って日替わりの写真を買って帰りました♡あとアソビスタの軍師はるちゃんも。は〜顔かわいい。

f:id:mayoigox:20170329225540j:image

 

この日の夜公演で娘。がアンジュルムの「恋ならとっくに始まってる」をカバーして、冒頭の台詞をはるちゃんが担当したと知ったときも運命感じた。

 

ハo´ 。`ル<もう、止めたりはできないよ。どうなるか、わかんないけど...うん、受け止める。だって、もうとっくに始まってる...!

♪てーれれれてれれてってって(恋に落ちる音)

 

アンジュルム『恋ならとっくに始まってる』(ANGERME[Love’s already begun])(Promotion Edit) - YouTube

 

 

 

ということで、もう女の子の推しはつくらないと決めていたのに、工藤遥ちゃん推しになりました。でもはるちゃんについていけば間違いない気がするよ。どんどんモーニング娘。’17とはるちゃんのことが好きになっていって、毎日とっても新鮮でたのしいです。

 

さあ、ハルちゃん冒険団、出発だ〜〜!!!

恋ならとっくに始まってるんだ!!

 

君をもっと夢中にさせてあげるからね

もう、夏が終わります。この夏は、私にとって初めてのJUMPコンがあって、JUMPちゃんにとっての初めての24時間テレビがあって、とても素敵な、思い出深い夏になりました。何年経っても2015夏は最高だった!って言えるはず。最高な夏をありがとう。

...と、ページをめくる前に、有岡くんのことが好きで好きでたまらないんですってことを勢いに任せて書きます。愛しさが溢れて止まらないんです。やまちゃん、ハートがパンクするってこういうことなのかな?


まず、初めてコンサートで生で有岡くんを見てきたんですけど、もう、すっごい!すっごいの!まさに有岡くん!!双眼鏡(このために新しいの買いました)覗いたらそこにいるのは有岡大貴なんですよ...くしゃって笑う顔とか、頭ブルブルして汗を飛ばしたり前髪よけたりするのとか(犬)、リズムよく次々とファンサをするところ、もう、紛れもなく有岡くんがそこにいて、私はそれに本当に感動して、好きでしかなくて、ど、どうしよ...ヽ(;▽;)ノとなるばかりでした。この、紛れもなく有岡くん、っていうのは実際当たり前なんだけど、でも、私はその事実にときめき続けていました。有岡くんのファンサマシーンっぷりをときめきながら見ていて、Chau#のyou're so specialのところでファンの子を指差してたのを目撃したんですけど、私、あんなのやられたら一生結婚できない...。熱出す...。私は、名古屋19日2部のPuppy Booの「kiss you♡」を有岡くんがリップ音「チュッ♡」にしたのをこの目に映してしまったときからずっと熱出してるよ。何なのもう...かっこよすぎるよ勘弁してよ...そのかっこよさ有罪。この時隣にいた友達が私のこと見て「泣いてるの!??」って聞いてきたくらい、私は泣きそうな顔をしていたらしいです。今でもPuppy Boo聴くだけで思い出して頭抱えてます。RELOADの「give you my heart」というフレーズは私の有岡担人生におけるスローガン(?)のようなものなんですけど、もう、Puppy Boo岡くんにはgive you my heartしまくったよね...。心臓捧げちゃう。好きだよ〜〜〜ハートあげるよ〜〜〜ヽ(;▽;)ノってテンション。コンサート通して有岡くんがひたすらかっこよすぎて私のハート足りなくなりました。とにかく一挙一動がイケメン。ご機嫌でニコニコ我I Need Youを踊る有岡くん世界一可愛い。やまちゃんには踊り方ブスって言われてたけどめっちゃ可愛いよ????有岡くん、ハッピーパウダー振りまく魔法使いだった。それと同時にハート奪っていくハート泥棒だった。私が好きになった人は、ハートを奪う魔法使いでした...。はぁ...。


と、コンサートに行ってからだいぶお熱だったんですけど、24時間テレビでさらに熱出しました。柚稀くんの100mチャレンジをサポートしてる有岡くんが、とっても優しいお兄ちゃんで、柚稀くんを見る目が愛情深くて。「大ちゃん」って呼ばれてるの可愛かった。「大ちゃんにお願い。必ず応援して」に「もちろん!当たり前よそんなの」って返す有岡くんの、目...何度見ても涙が出ます。直前特番での、「大ちゃん洋服ピンクより黄色の方がかっこいい」という柚稀くんに「すーぐ着替えるね!」とわたわたする有岡くん、2人の信頼関係が見えて素敵なやりとりでした。そうだよね、9歳の男の子から見た24歳の大人の男の人の大ちゃん、かっこいいよね...。似合う、じゃなくてかっこいい、って言ってるのが何だかときめいた。スポーツ用義足に慣れない柚稀くんの手をつないで「怖くなったらやめていいから。スピード出すときは言ってね。俺合わせるから。」と声かける有岡くんも、「ゆずきが 早く 速く 走れますように 大貴」とスポーツ用義足に書く有岡くんも、それを渡して優しく笑う有岡くんも、好きすぎてたまらない...。有岡くんが寄り添って、心から応援してるのがすごく伝わってきました。まっすぐで優しくて、頼れる、素敵な人だなぁって思ってまた好きになった。生男子会でにのみやくんに送ったメール暴露されてあたふたしてお目目うるうるさせてる有岡くんもかわいそうで可愛くて愛しさメーター振り切れたよ。ハラハラしたけどwそんなとこも可愛い...自担に激甘ですみません...これからおっきくなる予定です!あとはダーツの旅で有岡くんファンの女の子に電話して第一声が「大貴、大貴」って...「〜ちゃんと僕、電話でつながったね!」って...またそうやってハート奪って!いけません!でも私も無言で差し出しました。や〜電話の有岡くんはただの爆モテでしたね。女の子が「え〜〜!??」ってなってるのを聞いてくしゃって笑う有岡くん、好き...。VTR見ていてお目目うるうるさせてる有岡くんは濡れた子犬みたいだったし、元気に笑う有岡くんは太陽みたいでした。有岡くんは、ひまわりが咲くように笑うね。ワイプにお花咲いてるな〜と思ったら有岡くんだもん。観覧に行った方が、有岡くんは最後までいつもの有岡くんで、疲れてきたメンバーを元気づける、まさに太陽みたいな人だと書かれていて、ああこんなに素敵な人を好きになれてよかった、って嬉しくて。いつも有岡くんが有岡くんでいてくれてることが、どれだけ周りの人を笑顔にしていることか。それは私が知ることのできる世界ではないけれど、24時間テレビを通して、ああ有岡くんはこうやっていつもみんなの太陽でいてくれてるんだろうなあと思いました。



もう、有岡くんのことが好きで好きでたまらないです。素敵なところを見つけるたびに、また好きになる。私はハリポタ目当てで見たヒルナンデスUSJ回で初めて有岡くんをちゃんと認識したけど、それから1年以上経つのに新しく好きなところ見つける日々だし、好きは募るし、有岡くんは本当に魅力まみれな人だね。この夏を通して、さらに突き抜けた感じがする。好きの気持ちって天井ないのかな〜?好きすぎてつらいよ〜〜ヽ(;▽;)ノって夜な夜なめそめそしてしまうくらい大好き。こうやって、好きって言うたびにまた好きになっちゃう。私、有岡くんのことちっとも知らないのに、なのに、世界でいちばん大好き!って言えちゃう。有岡くんのこと好きになってから毎日楽しくて楽しくて、心なしか私自身もハッピーな人間になれた気がします。みんなHAPPY!!これからも、楽しく有岡くんのファンでいられますように。ぜったいだいじょぶ。有岡くんについていけば間違いないってずっと信じてる!こんなに有岡くんのこと好き好き言ってるけどまだまだ言い足りないよ。有岡くん、大好きです。有岡くんはこの夏、私にとって太陽であり、ヒーローでした。夏のヒーロー。だけど夏が終わっても有岡くんは太陽です。これからも元気にgive you my heartします♡♡終わり!大好き!


(タイトルは迷いに迷って有岡くんのテーマソングだと勝手に思っている平井堅さんのPOP STARの歌詞からとりました。有岡くんはキラキラのポップスターかつ魔法使いです!


カラフト伯父さん

4月29日の夜、カラフト伯父さんを観てきました。

観てから、考え込んだり、悲しくなったり、いろいろと感情が目まぐるしすぎて、頭の容量がどうも足りないので、とりあえず今の感想を書いておこうかと思います。

 

以下、ネタバレ注意です

 

いのおくんの引き出しってどうなってるんだろう?いままでのイメージとして、ほわほわしてて、顔がかわいくて、だけど芯が通っている話し方をするひと、というのがあったけど、舞台に立ついのおくんはそのどれとも違った。徹くんだった。この徹くんというひとは、感情の爆発がすさまじい一面もあれば、じぶんの感情を奥に奥に押し込んで本心を隠そうとする一面もある。徹くんというひとにどうやって共感して、じぶんの記憶と徹くんをつなぎ合わせて、取り込んで、徹くんになったんだろう。演じるのに相当なエネルギーが必要な役だなあと思った。

 

カラフト伯父さんは、全編通して、徹くんの底の見えない悲しみが漂っていて、その悲しみはあまりに深くてぞっとしてしまうくらい。わたしはその悲しみにどっぷりと浸かってしまって、この2日間生活がままらなかった。こんなに気持ちが揺らぎ続けるのは久しぶりで、なんだか戸惑ってしまった。お母さんが亡くなって、カラフト伯父さんに言われた「お母さんはほんたうのさいわひを探しに行ったんだよ」という言葉、これってつまり、徹くんといた日々にはほんたうのさいわひはなかった、とも受け取れるわけで。なんて残酷なんだ。希望のように聞こえるのに実は絶望。徹くんはそれからずっと、この言葉に憑りつかれて生きていったんじゃないかな。阪神淡路大震災があって、お父さんも亡くなって、徹くんはひとりぼっちになった。でも、ずっと、「徹のこと照らしてあげるよ」と言ってくれたカラフト伯父さんが助けに来てくれるのを待ってた。でも、来なかった。それはいろいろな事情があったんだけど、でも、そんな事情なんて蹴っ飛ばして、徹くんは助けに来てほしかったんだよね。子供みたいに、カラフト伯父さんの言葉にすがって、寂しさに溺れそうになりながらも生きていた徹くんは、きっと精神的にはあんまり成長してない。抱きしめてほしいって震える子供のまま。でも、そんな子供のままではひとりで生きていけないから、バリアを張って、じぶんのもろい心を必死で守ろうとしてたんだと思う。大人になろうとした。ひとりでも、生きていけるように。だから、カラフト伯父さんがやってきても、ずっと心を閉じたまま、怒りをぶつけるばかりで、それは、シャボン玉みたいにはじけてしまいそうな心を守ろうとしてたんじゃないかなって今になって思う。なんて、、悲しいひとなんだろう、、、でも、カラフト伯父さんと一緒に来た妊婦の仁美さんにはとても優しくて、それはなんでだったんだろう?もちろん最初は拒絶していたけど、だんだん心を開いて、ぶきっちょなやさしさを向けて、最後には仁美さんのために椅子まで作ってあげちゃうの、なんだか泣けた。徹くんは、優しいひとなんだな~。優しくて、あったかいひとなんだ。そういうところが伝わってくるから、徹くんと仁美さんのふたりのシーンはとてもほほえましくて、空気が優しかった。

 

舞台のほとんどは、徹くんはカラフト伯父さんに対して怒って拒絶してばかりで、どうしてそこまで憎んでいるのかは明かされないのだけど、最後の独白で徹くんの口から語られることになる。ここがこの舞台のクライマックス、というか、このシーンのために今までのシーンがあったのでは、と思うほどの山場。それが徹くんの独白なのだから、いのおくんはものすごいプレッシャーをかけられているよな…。なぜ、こんなにもカラフト伯父さんが憎いのか。でもそれって、裏を返せば、どれだけカラフト伯父さんを愛しているのか、ということなわけです。徹くんがカラフト伯父さんを「ヒーロー」とあらわしたの、胸が苦しくなった。「ヒーロー」であり、「光」であり、「神様」みたいな存在だったのかな。ずっと助けてくれるのを待ってたんだよね。悲しみの底にいても、光が射してくれるのを心の奥ではずっと待っていたんだよね。今まで言えなかった思いを、声に出して叫ぶシーン、熱かった。熱すぎて痛かったほど。言葉に表せないので、これはもう、見て!としか言えない…。

 

この日は熱演だったと聞いた。わたしはこれが初めての観劇で、熱演というのは今までの公演と比較して、という意味だったらその感覚はわからないけど、じぶんの目に映った徹くんは叫びながら命を燃やしているみたいだった。バリアを溶かそうとしてた。ずしんと、響いてきたよ。この翌日、共演の松永さんが「青年が舞台俳優へと羽化する瞬間を目撃した」と評していらっしゃって、そんな瞬間に立ち会えたのはとても光栄なことだと思った。きっとこれからどんどん成長していくんだと思う。初見のお客様の純粋な「いい舞台だった!熱演だった!」って感想を見るのがとても楽しみ。いのおくんならできると思う。応援してます。

 

 

徹くんの悲しみに共鳴してしまってぐるぐるしていたけど、こうやって支離滅裂でも感想を書いたらちょっとすっきりした~。それほどいのおくんの演技がわたしの心に刺さってきたってことだよ。また落ち着いたらちゃんと書くかもしれないけど、きょうはとりあえずこのへんで。あ、カテコで柔らかく笑いながらひらひら手を振るいのおくんは、いつものいのおくんで、なんだかほっとして、泣けました。いのおくんおかえり。そしていってらっしゃい。徹くん。これからもいってらっしゃいとおかえりがグローブ座で繰り返されると思うと胸が苦しい。体に気を付けて、がんばってね。徹くん、いってらっしゃい。

 

RELOADのハート泥棒有岡くんについて。

有岡くんにgive you my heartしすぎてもうあげられるハートが残ってない。

ってsmartが発売されてから毎日毎分毎秒思ってる。マジ!真剣と書いてマジだよ!!ハートって、ツムツムじゃないよ??私の心の話だからね!!!あっすいませんつい。興奮しちゃって。

LWMも、マルチアングルも、smartツアーも、語りきれないほど好きな瞬間がたくさんあって、早くJUMPコン行きたいっていう気持ちが抑えられないし、皆のこと好きな気持ちもどんどん大きくなるんだけど、ちょっと私は今回はハート泥棒RELOADについて思いのたけをぶちまけて寝ようと思います。RELOAD大好き芸人です。

 

まず、曲について。このRELOADという曲は有岡大貴先生が作詞されました。

「ステージの上から皆のハートをつかむために自分のことをアピールすることと、片思いの子にアプローチをするというダブルミーニングになっております!」と、有岡先生。まずここからすでにかっこいい。かわいい顔して貪欲にチャンスをつかもうとする有岡くん。ヒルナンデスを見ていても、今の有岡くんは努力の末のものなのだなあとじーんとすることがあります。持ち前の明るさ、親しみやすさ、かわいさはもちろん、爪痕残してやるぞ!と頑張る姿、すべてひっくるめて有岡くんは天才な努力家なのだと、そう感じて、たまらなく愛しい気持ちになります。そんな有岡くんが、ステージの上から皆のハートをつかめるように!!このRELOADを作詞したんです!!ではそのRELOADの歌詞をちょっと見てみましょう。こちらです。

明確な恋  どうしたらいい? 君の目に映る為に

力を貸して Music! Hey! DJ  Beat Drop

 うわ~~~~~好きすぎてもうハートあげた~~~~!!君の目に映る為に、なにか、自分を魅力的に見せられるようなもの。この曲のシチュエーションはステージの上でありクラブでもあり、そんな場面で好きな女の子に自分をアピールするとき、味方になるのはMusic。。ちょう男の子だし有岡くん力がすごい。目立ちたがりでバレンタインには皆の前でチョコ渡されたい有岡くん、キャーキャー言われたい有岡くん、そういうとこ有岡くん力高すぎて好きです…もうここでまたハートあげちゃうから。2個目だから。そして有岡先生はまだまだハート泥棒です。仕事人です。

照れ隠しのハット 

 え~~~~んまたハートあげるよ~~~~涙涙涙  かっこつけるけどそこ照れちゃうのね???ハットかぶって隠しちゃうのね???うっうっ好き(涙)この、わ~男の子だ…キュン…って感じが最高。そしてハットはツアーで披露される際の大きなポイントとなります。この素晴らしさについては後でまた熱弁することとして。そして有岡先生のとどめがこれです。

Give  you my heart ギブアップは無い

気づいてくれこの気持ちに Baby

殻を破れ 手遅れになる前に                 

いやいやいや私がハートあげます!!!持ってってください!!! そんな、私みたいにハート簡単にあげないで!いや、嘘、ちょうだい!!ハート交換しよう…ってそろそろこの文章やばくない?大丈夫なのかな?? 有岡くんはあきらめずに、自分の気持ちを伝えるために、音楽を味方に踊り、魅力をふりまき、ハートを盗んでいくのです…なんて罪な男なの??最後なんてハットの下で不敵に笑ってるんでしょ??性別:オスだ…皆大好きメロメロオス岡くんだ…。

 

もう有岡くんがこの詞を書いたという事実だけで胸いっぱいなのに、このRELOADっていう曲、めっちゃおしゃれなんですよ。洋楽が好きな有岡くん、詞ののせ方のリズム感がとても素晴らしいです。そういう私は聴くのは専ら邦楽で、有岡くんがベイジャンで紹介してくれる洋楽をおしゃれだな~かっこいいな~と聴いているだけで詳しいことはわからないのですが、、RELOADのリズムが最高にかっこいいことと、それに合わせて詞をのせた有岡くんが宇宙一かっこいいことはわかります!!!かっこいいんです!!!   

 

詞も曲もかっこよくてもうほんとにほんとに胸いっぱいなんですけど、この曲、ツアーでのパフォーマンスも、すっごくかっこよくて、はなまる大正解なのです。ここでやっと本題に入ります。ここまでで1,736字。レポートもこんなに熱を込めて書ければいいのにな~(笑)

 

まず、披露時の衣装は、白いキラキラスーツです。花沢類よりもキラキラしてる白スーツ!王子様が9人も。その背中にはイニシャルが黒字で刻まれています。有岡くんはD.aです。イニシャルまでもかっこいい有岡くんって無敵。もう背中のイニシャル見てるだけでドキドキしちゃうもんね。熱でそう。ネクタイと靴は黒。そして、、ハットを使います…そうです歌詞にある「照れ隠しのハット」です。このハット、セットした髪が乱れてしまうんだけど、それを有岡くんも気にしてるんだけど、「この1曲がかっこよくなるなら髪はあきらめてもいいや!」と話す有岡くんが最高に好きです。またハートあげちゃう。髪型がぺしゃんこになってもかっこいいパフォーマンスを、と考えた有岡くん。ハットをかぶったことによって、RELOADという曲の世界観が、楽曲とパフォーマンスで分断されず、ひとつの物語として語られていて、物語を紡ぐアイドルが大好きな私にとってはこれ以上ない満足感です。 自分の好きな曲が、大好きな人によって紡がれ、それをまたパフォーマンスとして読むことのできる幸せ。 幸せを噛みしめています。またハートあげよう。有岡くんに。

 

そして、ここまで長かったけれど、肝心のパフォーマンスの話。まず圭人のギターから始まるのめっっっかっこいい!!RELOADの前がセブンちゃんで、一輪のお花を胸にさしているのとかとても王子様で少女漫画か??ってくらいのかっこよさなんだけど、その話は今回は泣く泣く置いておいて。圭人のギターから始まり、やまちゃん・知念くん・裕翔くんの3人がリズムに合わせてクラップするところが、うわ…クラブだ…RELOADの世界だ、とハッとするほどかっこいい。そしてメインステで満を持して登場のBESTお兄ちゃんたち。さっきまでモテたいって言ってた5人なのに、そこにいるのはどう見ても絶対モテるであろう白スーツに身を包んだイケメン。真ん中には有岡先生です。冒頭のパートは有岡くんなのですが、ここ、いつものニカー☆って笑顔ではなく、どこか余裕のある笑顔で歌います。まずここで無理。一時停止。ハットを持って笑う有岡くんがかっこよすぎるウッウッ…そしてハットをかぶるんだけど、このかぶり方も皆それぞれ。いのおくんはのっけてるって感じ。かわいい。有岡くんはわりと深めにかぶっているのでだいぶ照れ隠しなんだろうな~。うそうそ、かっこいいです。ハートあげなくちゃ。ハットのかぶり方では知念くんが特にキュンとした。ちょっと斜めにかぶってるの。かっこいい知念くんって本当にたまらないです。「君の目に映る為に」でちょっとハットを指でなぞるところなんてセクシー。セクシーなのキュートなのどっちが好きなの~って決められないよ、ちーちゃん...。サビからは7もBESTも花道で踊ります。以下、好きなところを順番に羅列します。

 

  1. DJ Beat Drop~の部分の、ハットを体のほうに引き寄せてウェーブするとこ。綺麗見惚れちゃう。
  2. 照れ隠しのハット~movin'onまでの滑らかな動き×軽やかなステップ。もうだめだわたしのハートが残り少ない。
  3. Reload...のステップなんて好きしかないんだけど!???ど、どうしようこれはハート持ってかれるやつ…かかとにタッチするような振りに加えて、ウェーブです!とここまで書いて気づいたのだけどダンスを言葉で魅力的に伝えるのとても難しい。でも、ここのステップがRELOADの振りでいちばんに好き。かかとをタッチする人もいれば、タッチせずに足を上げる人もいる。それぞれが皆自分の魅力を存分に発揮していてもうこのステップ×ウェーブだけで胸がいっぱいだよ…。でも私の熱に任せた感想はまだ続くよ。
  4. 大好きな「Give you my heart~」!中央のステージにありやま以外の7人が集まっていく中、花道にそれぞれひとり立つ有岡くんと山田くんという図が最高に興奮するし胸熱案件。まず有岡くんは、音に合わせて宇宙一かっこいいリズムを刻むし、ハットの奥から、照れ隠しはどこにいったの?ってくらいの不敵な笑みを浮かべるし、やまちゃんはしぬほどかっこよくてしぬほど歌がうまい。知ってたけど。綺麗なライオンって感じ。要するにこの世界の王者です。ハットで表情が見えなくてもかっこいいの。ずるい。そして時々チラ見えする目がとっても綺麗。「手遅れになる前に~」のあとジャケットをバサッてやるの、私は頭が悪いので「わあ、マイケルジャクソンみたいだ!やまちゃんはMJだ!!」とキャーキャーしながら見ました。そしてありやまは7人が待つ中央へ。
  5. 7人が音に合わせてポーズ取っていくところ。口で説明できないのでもう分数で言います。Disc1の30分20秒です!コンマごとに次々波のようにポーズを変える7人、それを追うライト、私はこんなにかっこいい4秒間を今まで見たことがないよ…。ここ!!めっちゃ好き!!言語化したいのにできない!!
  6. そんな4秒間を刻んだあと、満を持してありやまが知念くんを挟んでセンターに立つところ。ここ、レポで何度もかっこいいって目にしていたのでかっこいいんだろうな~想像でかっこいいもんな~と思っていたけどその数億倍もかっこよかった。ありやまがセンターに立った瞬間、パッとそこにライトが照らされるの、絶対この瞬間世界で一番かっこよかった。ありやまがこの世界を守ってくれる気さえしてくる…。壮大なかっこよさ。物語の中心はここです。RELOAD物語の中心はここしかない。
  7. 「一緒にsing it」のところで左足を後ろにクロスさせる振り、かっこいい。足が長い。
  8. そして2度目のReload...なのですがウェーブのところ、いのおくんが2度のウェーブを区切るのに対して、有岡くんは区切らず続けて波を立てるの、どっちも好きすぎる。有岡くん、体重を後ろのほうにかけてるのオスっぽい。いのおくん、リズムを取る左足が美しい。いのおくんの所作の美しさは指先まで洗練されていてうっとりするものがある。ここのいのありの違いはとても興味深かったので、頭のいい人にもっと解説してもらいたいです!
  9. そして最後になりましたが、ぺったんこの前髪(かわいい><)の上にハットをのせる有岡くんの表情。どんだけかっこよくすれば気が済むの好き!!!!!

と、いうことで、私のハートは全部有岡くんおよびRELOADにあげてしまいました。隅から隅までかっこよくて大好きなんだってこと、こんなに1曲で語れるとは思ってなかった。私は好きになったタイミング的にsmartは自分の目で直接には見られなかったので、こうしてレポでかっこいいかっこいいって読んできたものが今自分の手元に映像としてあると思うと涙が出るくらいうれしい!!!ほんとに!!!有岡くんのこともっともっと好きになった!でも正直まだまだ好きなところはいっぱいあるし、もうそれは映像を見ながらじゃないと伝えられないものばかりです。私の語彙力の無さが露呈しました。精進します。でも語彙力無し子だけどRELOADが本当に本当に大好きなんですって何度も何度も書いて満足です。これを読んだ未来の私はどう思うんだろうか。私は今現在でもだいぶきもいと思うけど。もう1回だけRELOAD見て寝ます。おやすみなさい。

 

            

ハッピーをばらまこう

春休みにログイン!ということで、さいきんの長文書きたい願望を叶えてあげるべくパソコンを開いている次第です。お供は紅茶ラテ。

 

わたしは相変わらず楽しく有岡くんを見つめています。

 

じゃあ今日は「楽しい」ということについて。

有岡くんを好きになってからというもの、私の生活に「楽しい」という感情が溢れていて、それはとても素敵なことだと思うのです。お友達に、「有岡くんを好きになってからずっと楽しい」というような話をしたら、「それはいろんな意味で恵まれているんだね」と言われたことがとても印象に残っています。いろんな意味って、もちろん有岡くんの陽の雰囲気とか、私が好きになったタイミングとか、JUMPを教えてくれるお友達だとか、TwitterでフォローさせてもらっているJUMP担の方々とか、それとあらしの頃からずっと仲良くしてくれているお友達の存在だとか。こんなにいろんなところで恵まれていると思うと、とたんに今のじぶんが客観的に見て羨ましくなりました。変な話だけど、要するに、私は今のじぶんが気に入ってるんだなあっていうこと。作ろうと思って作れるものでもなく、これは偶然とか奇跡とか愛情とか優しさとかいろんなものが重なり合ってできた結果としての「楽しい」だと思うので、この環境を大切に愛おしく思いたいです。

 

なんだかブログが久しぶりすぎて作文みたいになってしまった…。

去年の年末に書いた2014まとめが下書きに残っていて見たら、まずヒルナンデスのことでずらーーーっと書いてて、次に金田一およびウィークエンダ―についてずらーーーっと書いてて、あ~私の2014ってほぼヒルナンデスとウィークエンダ―で語り切れるよね、って思った。私はヒルナンデス出の有岡担というじぶんに誇りを持っている節があって(笑)ウィークエンダーの「君にやっとたどり着いたスウィートアンサー」という歌詞でまさに コレダヨ って思って、ひゅんっと点と点がすばやくつながり、とんっと着地した感じ。擬音ばっかりだけど私の担降りってこういうことだったと思う。常にさらっと大事件が起き続けたあの夏から季節は変わり、もう冬。来週にはsmartのDVDも発売される!!!!!全国へJUMPのDVDを見た時有岡くんが常にかっこよすぎてくらくらしちゃったけど今回もそうなるんだと思う…今のうちから深呼吸しとくね。おやすみなさい。

わたし、有岡くんの血と骨になる!

キティちゃんにこんなこと言わせるなんて、有岡くんなんて子なのかしら!言葉のセンスとってもすきだよ。

 

きょうはだいすきな火曜日。サンタの格好をした有岡サンタは、毎秒ごとに天才っぷりを更新し続け、わたしはもはや有岡くんかわいいかっこいい天才botになりました...。これでもか!と永遠リピっていたい場面の連続で、永遠がいくつあっても足りないくらいです。わたしはドーナツサンドイッチを甘いの〜しょっぱいの〜って交互にぱくぱく食べてるとこみてると、わ〜〜もっとお食べ〜〜♡♡って餌付けしたくなる。有岡くんがもぐもぐしてるとこ、幸せそうでとても平和。なんて平和なの、有岡くん。わたしも有岡くんの血と骨になるね。

 

きょうは東京でも雪が降った。とーーーーってもさむかった。あったかくしてオムライスもりもり食べたら眠くなってきちゃった。寝ちゃお。おやすみなさい。

身体を抜ける光のシャワー

まいにち日記書こうと思ったけど、土日忙しすぎて無理だった〜。土日は名古屋に勉強会に行ってきました。わたしはあまり関係のないところなのに駆り出されてしまって、班ごとに討論とか、苦手なことをいっぱいしてきた。名古屋のごはんは満喫できたからうれしい♡

きのうのおひる、突然あらしのコン事務からメールがきて、ひらいたら東京の制作開放席のお知らせでした。このメールがくるのも抽選、申し込んで抽選、っていう気が遠くなるようなかんじだけど、チャンスの順番がまわってきた!最後のチャンスにかけて申し込んでみる。当たりますように。なむなむ。